設定サンプル

AAC+(HE-AAC)を再生しよう

  • どう言う流れでこの設定が見つかったか
    1.ガチャピンさんがKmfの作成の研究中発見されました(MEncでHelix使用のAAC+作成)
    2.マサトさんがその後MEnc構成ファイル群からHelixのproducerだけ取り出し変換君用に構成してiniを書く

作成方法1(MEnc+QT)

ココからMEncをDLHelix設定を使ってm4aを書き出しQT6.5か7で素通3g2で書き出し(断片化のみチェックを入れる)
W31Sに送る

作成方法2(変換君+Helix producer.exe)

W31S-AAC+.zipを落として後は
producerのフォルダを変換君のcoresに、Transcoding_W31S_Audio.iniをdefault_settingに入れて
準備完了です 後はいつも通り変換君で書き出しW31Sに送る

HE-AAC関連(動画偽装、再生時間限界突破など)

下記設定をやるにあたりHE-AACを作るのに必要なファイルは各自そろえて下さい
(mp4creator60以外8ballsに入っている物でいいかも)

用意ができたらcoresフォルダにaacenc32.exeaacenc32.dllmp4creator60.exeを入れておく

動画偽装HE-AAC

  • 再生は出来るのだがメリットが見あたらない…
    動画偽装のためプレイリスト登録は出来ないし
    サイズ絞っても着信登録は出来ないっぽい 
    試しに元ファイル54kbのwavを変換して出来上がり19kbが登録出来なかった

[item0]

Title=動画偽装HE-AAC
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -f image2 -loop -shortest -i "<%InputFilePath%>img.jpg" -i "<%InputFile%>" -s qcif -r 1 -b 1 -vcodec h263 -an "<%TemporaryFile%>.3gp" -ac 2 -ar 44100 -vn "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""<%AppPath%>\cores\aacenc32"-vbr internet -profile HE "<%TemporaryFile%>.wav" "<%TemporaryFile%>.aac""
Command2="rm "<%TemporaryFile%>.wav""
Command3=""<%AppPath%>\cores\mp4creator60" -optimize -interleave -force3GPCompliance -aac-profile=4 -create="<%TemporaryFile%>.aac" "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command4="rm "<%TemporaryFile%>.aac""
Command5=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_W31S.ini""
Command6="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""

高画質?H263-VBR+HE-AAC-VBR 2pass 制限時間突破しかしQCIF縛り †

  • メリット→40分制限を突破出来る 1:28:58秒まで確認
  • デメリット→解像度がQCIFまで→拡大表示するとドットが荒くなる
  • 画質→表示サイズが小さいからデフォルトでは荒が目立たない
  • 音質→ん〜ソースによるけど気にならない程度
Title=H263-VBR+HE-AAC-VBR 2pass 制限時間突破しかしQCIF縛り
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -itsoffset -0 -y -i "<%InputFile%>" -hq -pass 1 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec h263 -mbd 2 -trell -aic -fixaspect -s qcif -r 15 -g 150 -b 272 -qmin 2 -qmax 7 -me full -an "<%TemporaryFile%>.3gp" -ac 2 -ar 44100 -vn "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -itsoffset -0 -y -i "<%InputFile%>" -hq -pass 2 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec h263 -mbd 2 -trell -aic -fixaspect -s qcif -r 15 -g 150 -b 272 -qmin 2 -qmax 7 -me full -an "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command2=""<%AppPath%>\cores\aacenc32"-vbr internet -profile HE "<%TemporaryFile%>.wav" "<%TemporaryFile%>.aac""
Command3=""<%AppPath%>\cores\mp4creator60" -optimize -interleave -force3GPCompliance -aac-profile=4 -create="<%TemporaryFile%>.aac" "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command4=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_W31S.ini""
Command5="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
Command6="cmd /c "del "xvidff*.*"""

Xvid-VBR+HE-AAC-VBR 2pass 制限時間突破しかし…再生方法フォト切りだし

  • メリット→40分制限を突破出来る 1:28:58秒まで確認
  • デメリット→機能>ムービー編集>フォト切りだし>開始からしか再生出来ない(QCIFの拡大表示サイズ)
  • 画質→表示サイズがデフォルトで拡大表示サイズ、元々のソースは320x240だからh263より少しましかも
  • 音質→ん〜ソースによるけど気にならない程度(ココは各自調整して欲しい)
  • 需要は少ないかもしれませんが、第二弾です
Title=Xvid-VBR+HE-AAC-VBR 2pass 制限時間突破しかしQCIF縛り(機能>ムービー編集>フォト切り出し>開始から再生)
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -itsoffset -0 -y -i "<%InputFile%>" -hq -pass 1 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec xvid -mbd 2 -4mv -trell -aic -fixaspect -s 320x240 -r 15 -g 150 -b 272 -qmin 2 -qmax 7 -me full -an "<%TemporaryFile%>.3gp" -ac 2 -ar 44100 -vn "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -itsoffset -0 -y -i "<%InputFile%>" -hq -pass 2 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec xvid -mbd 2 -4mv -trell -aic -fixaspect -s 320x240 -r 15 -g 150 -b 272 -qmin 2 -qmax 7 -me full -an "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command2=""<%AppPath%>\cores\aacenc32"-vbr internet -profile HE "<%TemporaryFile%>.wav" "<%TemporaryFile%>.aac""
Command3=""<%AppPath%>\cores\mp4creator60" -optimize -interleave -force3GPCompliance -aac-profile=4 -create="<%TemporaryFile%>.aac" "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command4=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_W31S.ini""
Command5="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
Command6="cmd /c "del "xvidff*.*"""

着うたフルHQ関連

携帯動画変換君wikiの作者さんに報告板のW21Sさんのアイデアです -f オプションに mp4を指定すると言う物です
240kbまでならW21SもOKとの事です

Xvidで着ムービー+着うたフルHQ

-r -b -ac -ab -fs 辺りは各自でお好みで調整して下さい
着ムービー作成時は -s はqcifでないと登録不可になります

Title= 24KHz 64kbpsx1ch=64kbps Mono
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -s qcif -r 7.5 -g 75 -b 160 -fs 490 -vcodec xvid -acodec aac -ac 1 -ar 24000 -ab 32 -f mp4 "<%TemporaryFile%>_2.3g2""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_W31S.ini""
Command2="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""

着うた音質112Kbps超え

まずQT7をインストール(動画の変換に支障をきたすため自己責任で)

-ab 96x2ch まで再生確認済み(PCでは再生できないファイルになる?でも31Sでは再生出来る)

Title=着うたフル  192kbps設定
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -f kddi -vcodec h264 -acodec aac -ac 2 -ar 24000 -ab 96 -muxab 32 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp"" 
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2(EZ)_QCIF_AAC.ini" 
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Add_mfra.ini"" 
Command3="rm "<%TemporaryFile%>.3gp"" 
Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Footprints: Sony Ericsson Mobile Laboratory > 設定サンプル

Last-modified: Sat, 24 Nov 2007 23:48:20 JST (4640d)